所属落語家&アーティスト

澄川 白舟(すみかわ はくしゅう)

澄川白舟澄川白舟 筆文字

和芸 澄川流一門 家元

定紋 澄川流昔蜻蛉
(すみかわりゅうむかしとんぼ)

初高座:2002年12月22日 

実の両親を知らず、生後間もなく一人の貧しい女性に引き取られ、育てられることに。ところが、母となってくれた女性は字の読み書きが出来ず、満足な収入が得られなかったため、幼い白舟はあの地この地へと預けられ、行く先々でイジメや虐待を体験。

その後、母は結婚するが、父親となった男性とその母親(祖母)から更に激しい虐待を受け、何度も命を落としかける。

そんななか、白舟の母は必死に字の読み書きを勉強し、やがて調理師の資格を取得。ほぼ女で一つで、白舟を育ててくれた。

その気丈な母も病に倒れ、余命三ヶ月の宣告を受けるも、半年の間生命を輝かせ、大勝利の姿で旅立っていく。

母が白舟に遺した言葉は、

「お母ちゃんはずっと貧乏で、差別もされて、世間から見たら不幸な人間やと思われるかもしれん。せやけど、お母ちゃんは不幸やなかったで。それはな、いつも周りの人を笑わせてきたからや。あんたにもな、人を笑顔にする生き方をして欲しい」

母が亡くなる二日前に遺したこの言葉を胸に、白舟は芸道を歩むことを決意する。

白舟の落語には、母親の生き様から感じた庶民の逞しさと温もりが溢れており、観聴きした人の心を捉えて離さない。

落語の持つ可能性を探求する白舟は、アーサー・ビナード氏や山折哲雄氏など、日本を代表する文化人をゲストに招いての「日本人のこころ寄席」や、難病や困難に立ち向かう人とのコラボイベント「生命(いのち)の輝き寄席」などを開催し、落語を通して様々なメッセージを発信。社会に一石を投じている。

勿論、「児童虐待防止」を訴える活動にも力を入れており、「悲劇を喜劇に」と題した講演は、自身の悲惨な体験を笑いを交えて話すことにより、「楽しい人権講演会」として多方面からも大好評だ。

また、子どもたちに古典落語の楽しさを伝えるため、「子ども落語教室」の講師としても力を注ぐ。
教室には、落語を通して豊かな心を育んでほしいとの思いがあり、親御さんからも、喜びの声が寄せられている。

更には、障がい者を対象にした落語教室も開校。
2021年12月には、知的障がいを持つ生徒さんが、大阪府大東市にて開催されたイベントに於いて初高座。小咄を披露し、多くのお客さんに笑顔をお届けし、大盛況の舞台となる。
同時に、障がいがあっても、それらも人間の輝く個性の一つであると白舟はミニ講演を。障がい者を取り巻く社会や、一個人の心の変革が必要だと訴えた。

その他、「大人の落語教室」講師、各種イベントMC、地域活性化事業など、勢力的に活動中。

大人の落語教室では、2022年1月に、74歳の生徒さんが初高座。高齢者の希望の星として、お集まりいただいたお客さんの前で堂々たる噺を披露。老若男女問わず、観客の心に挑戦の炎を灯した。

澄川流一門定紋のモチーフは、古来より「勝ち虫」とも言われている「蜻蛉」であるが、この紋には、一門の困難に立ち向かう強い姿勢と、決して初心を忘れない謙虚さが込められている。最後に、白舟の詠んだ短歌を一首ご紹介させていただく。

「勝ち虫の 紋を定めし 一門は 如何なる難をも 越えて進まむ」

澄川白舟facebook@Haku_Sumikawa

和芸澄川流一門定紋『澄川流昔蜻蛉(すみかわりゅうむかしとんぼ)』とは

昔蜻蛉

蜻蛉は前進しかしないため、その性質から『勝ち虫』の異名を持つ。
そのことから江戸時代では、武士が好んで刀の鞘(さや)などに蜻蛉の模様を入れていた。
また、蜻蛉の細い胴の部分は稲穂に例えられる。
『実るほど頭を垂れる稲穂かな』

以上のことから、澄川流昔蜻蛉とは、攻めて攻めて攻め抜く強気な姿勢と、常に謙虚な思いを忘れない澄川流一門の精神を表している。


澄川 白一(すみかわ はくいち)

HAKUICHI
舞台俳優やバナナの叩き売り等の芸を経て、澄川白舟と出会う。家元の魅力から自身も落語をすることを熱望し、弟子となる。


澄川白ボー (すみかわ はくぼー)

休業中です

hakuvoプロフ小

和芸 澄川流一門 ラップ落語家
定紋 澄川流昔蜻蛉
(すみかわりゅうむかしとんぼ)

入門日:2015年10月5日
初舞台:2015年12月13日

ラッパー、ダンサーとして多方面で活躍していたが、
和芸 澄川流一門 家元「澄川白舟」との運命的な出会いをきっかけに
落語の魅力に気付かされ、いつしか落語家の道を志すように。

師匠の白舟の指導のもと、落語の可能性を模索する中で、
「古典落語」と持ち前の「ラップ」をコラボさせた
世界初のパフォーマンス “ラップ落語” を生み出すことに成功する。

そのパフォーマンスが各地で話題を呼び、
出演オファーが殺到、そして
全国誌「サイゾー」に掲載されるなど注目を集める存在となっている。

現在は、聴くたびに “人生が開ける” ラップ落語を通じて、
日本全国、そして世界中に
“人生が開けるキッカケ” を運ぶために日々ごきげんに活動中。

◆ラジオ番組

聴くたびに "人生が開ける" ラジオ
『澄川白ボーのごきげんイノベーション! 』

日本最大級のインターネットラジオ局
「ゆめのたね放送局」 関西チャンネルにて
毎週金曜 21:30〜 全世界に向けて放送中!
http://www.yumenotane.jp/innovation


澄川白ボーfacebook

下新庄つよし(しもしんじょう つよし)

下新庄つよし
高座の上では落語に関連した歌を、高座の前ではオリジナルやカバー曲をギターで弾き語るシンガーソングライター。

20代でアトピー性皮膚炎を発症し、社会生活ができなくなる。
世の中にはやりたいことがあっても、身体が不自由のために諦めざるを得ない人が多くいることに気づく。

ある時をきっかけに開き直り、おでこと手足に包帯を巻きながら、様々な交流会に参加する。

数十年のブランクを経て社会生活復帰。

現在も闘病中ではあるが、やりたいことを我慢するのは自分自身に嘘をつくことであると実感し、たった一度の人生、やりたいまま進むと決める。

世の中には社会に復帰できない、水面下に漂う人が大勢いることを想い、自分のように現在も病を持っていながらも「自分を出し切る」ことを決めるきっかけになれればと活動中。

ギターの楽しさもぜひ多くの方に伝えたいと、ギター教室もしている。

アトピーを笑い飛ばす会「あとっぷ」代表
プロフィールの詳細はこちら>>


下新庄つよしfacebook


下新庄つよし ライブCD

2018年11月、Live PsCAFEで収録された一発録り

CD

CD裏

  • 小噺ソング
  • Hello! Boy!
  • 奇跡が起こる!dear.仁美さん



下新庄つよしのユニット紹介

女性ヴォーカル、女性ダンサーによるトリオ

クリック→ ドンタコス

幼馴染で編成されたグループ

クリック→ Secret Peace



無観客Facebook無料ライブ配信

2020年6月28日に開催!
ドラマーであるテラシー氏といのけん氏開催による無観客Facebook無料ライブ配信に、下新庄つよしが参加しました。
栄田家白バン子も今回二人羽織を初披露しました。















































a:14761 t:3 y:2